夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
鬼切り夜鳥子 ~百鬼夜行学園~
「鬼切り夜鳥子 ~百鬼夜行学園~」を読了しました。
(桝田省治   イラスト/佐嶋真実)

表紙は、桂木駒子。

収録内容は、
第一章 猫玉――――月曜日
第二章 さばえの主―火曜日
第三章 桜の精―――水曜日
第四章 水虎――――木曜日
第五章 憑喪神―――金曜日
第六章 傀儡渡り――土曜日
終 章 決戦――――日曜日
後書き まだ見ぬテレビゲームのリプレイ小説

「俺の屍を超えてゆけ」等でおなじみらしい、ゲームデザイナーの桝田省治先生の作品。

主人公、桂木駒子の身体に憑いた夜鳥子と名乗る女陰陽師の霊と共に、駒子は夜な夜な鬼退治に勤しむことになる。
400mハードルの選手でもある駒子は、今週の日曜日までに五匹全ての鬼を退治し、夜鳥子を身体から追い出さなければならなくなった。
途中、幼なじみの久遠久や委員長の三ツ橋初美の力を借りて、鬼を退治する!
現れるは猫の塊やら虫の塊やら凶暴な桜の木やら見えない敵やら。
果たして駒子は全ての鬼を退治し、日曜日の400mハードルの大会に出られるのか!?

っていう内容。
少々読みづらい部分もありましたが、内容はとても面白かったです。
物語の進め方が単調ですが、逆にそれが良かったりもします。
三ツ橋のキャラ設定が好きです。

…それにしても、これをどうやってゲームに?

ちなみにこの作品、駒子には声優の高山みなみさんの元気で明るい声を、夜鳥子には、低くて怖い声をイメージして読んでもらいたいらしい。
高山みなみさんの代表作っていうと……?

史上最強の弟子ケンイチ(南條キサラ)
忍たま乱太郎(乱太郎)
名探偵コナン(江戸川コナン)
らんま1/2(天道なびき)

……OK。
何となくイメージはつきました。
まずは夜鳥子の、低くて怖い声っと。
「ほぉ、唐辛子が儂の弱点とな? それは聞き捨てならぬなぁ」。
……うぅむ、キサラの凄みのシーンと合成すれば、なんとか……。
続きまして、駒子の元気で明るい声をっと。
「Q、おっはよ!」。
……むぅ。
あんまり合わない気がするのは、気のせいだろうか。

普通の高ニ男子、久遠久は、ある日幼なじみの桂木駒子の異変に気づく。
全身に不気味な式神の刺青をまとった駒子は、夜鳥子と名乗る中世の女陰陽師の霊とともに、同級生や先生に取り憑いた鬼たちと1人で戦っていたのだった。
駒子と一緒に戦うことを決意する久遠。
倒す鬼は5匹。
期限は1週間。
2人は鬼を倒しきることができるのか!?
「俺の屍を超えてゆけ」等でおなじみの鬼才ゲームデザイナー桝田省治が初めて書き下ろす、妖艶な伝奇アクション!

(鬼切り夜鳥子 裏表紙より)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)