夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
ハヤテのごとく! #13
ハヤテのごとく!
第13話 夏を制する者は受験を制するらしいっすよ

先日西沢さんを酷い形でフッてしまったことに対して悩む、借金執事・綾崎ハヤテ。
そんなハヤテの元に一通の配達物が。
その配達物は、ナギの通っている白皇学園への編入手続きの書類だった。
ナギと共に学校に行きたい!
その目標のため、もう明日に迫っている編入試験のために猛勉強に挑むハヤテであった。

そんなハヤテに、かつての自らの受験体験談を語り出す、(生きていたのか?)クラウス。
(幼き頃のクラウス、顔が、顔が……)
かつて私立幼稚園への受験のテスト終了間際、どうしても解けない問題があった(パズル)。
しかしどうしても解けずに倒れこんだときに、偶然答えが当てはまったのである。
ハヤテ「つまり、何事も諦めてはいけないってコトですか……?」
全国の受験生諸君、テスト間際、諦めてはならないよ。



Aパート終了。
クラウス「照れてます。久々の出番で」
タマ「デラックスアニメーション!タマのお宅!」
Bパート開始。



タマに少々邪魔をされながらも、遂に編入試験当日を迎えたハヤテ。
そして白皇学院への編入試験の試験官は、あの問題教師・桂雪路。
雪路が言うには、今回の編入試験の内容は「レドモンド式面接試験」であるという。
(レドモンド面接試験とは? それは「マンホールのフタの形が丸いのは何故か?」等、暗記力に頼らずに真の知性を試す問題によって面接を行うことであるぅ)
ハヤテ「な、なるほど……しかし何故マンホールのフタは丸いのでしょう?」
ナギ「四角形だと、ちょっとズレただけで落ちちゃうからだろ?」
ちなみに私はこの問題がちゃんと解けました。
いや、そういう問題をそもそも知ってただけですが……。

さて、そしてハヤテに出された、レドモンド式面接試験の内容とは―!?
天井から吊るされたバナナ、そして下には一本の棒と一つの台。
……サルの知能を試すテストですね。
そんな問題を軽くクリアしたハヤテ、しかし部屋の片隅には空腹を耐えている数匹のサルたちが……。
そしてハヤテVSサルの大乱闘が繰り広げられる……!

雪路「さ、冗談はこれくらいにして、そろそろ試験始めましょうか?」
ハヤテ「えー!?これ冗談だったんですかー!?」

精神的にも肉体的にも、かなりギリギリの状態でテストに向かったハヤテ。
果たしてその結果は!?

不合格。
理事長が雪路に、三千院家に通達するように言い渡した結果には、そんな文字が書かれていたという。
(理事長、女だったんだ?)
雪路が余計なことをハヤテにしていなければ、後1点で、合格していたかもしれなかったのに……。

無論そんなことを知る由もない三千院家は、結構浮かれていたという。

来週、雪路大ピンチ!
果たしてハヤテに真実を伝えることができるのか!?



執事通信。
ハヤテはせっかく高校に入学できても、毎日サボらなければならないようです。



次回予告。
次回は何故かハヤテの合格祝いを早々と行っている三千院家に、桂姉妹が殴り込み!(?)
次回、ハヤテのごとく!
第14話「ちょっとちょっと!パーティー行かなあかんねん。早よして、ホント」。



今回のお話の原作は、
4巻7話「夏を制する者は受験を制すらしいっすよ」


ハヤテのごとく!アニメ
出演者

綾崎ハヤテ
三千院ナギ
マリア

桂雪路
西沢歩

クラウス
タマ
理事長
宗谷
店主
先生

天の声
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
アニメディア 2007年 07月号 [雑誌]三千院家に一通の書類が届けられた。それは、白凰学院編入手続きの書類だった。ナギに白凰学院へと編入することを突然告げられ、驚きを隠せないハヤテ。しかし、編入のためには試験をパスしなければならない・・・ハヤテの猛勉強が始ま...
2007/06/24(日) 22:43:07) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人