夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
さよなら絶望先生 #1
さよなら絶望先生

アニメ放送開始です。
これで師弟コンビアニメ放送ですねぇ。(さよなら絶望先生→ハヤテのごとく!)

アニメ化を記念して原作コミックスで作成した、セルフアニメも実際にアニメ化。
数秒で終了しましたとさ。

OPから、いきなり首吊りの絶望先生でした。

オープニングテーマ「人として軸がぶれている」(大槻ケンヂと絶望少女達(風浦可符香、木津千里、木村カエレ、関内・マリア・太郎、日塔奈美) )
なんというか……えぇと、まぁ……うぅぅ、遊びすぎ。
電波すぎますってば。



オープニングから首を吊っていた糸色先生を、見事(?)可符香が救出。
ここで糸色先生がアニメ第一声。
「死んだらどうする!」
……声、若すぎます。
声がカッコ良すぎるよ、絶望先生……。

こうして何でも物事をネガティブにとらえる男と、何でも物事をポジティブにとらえる少女が、出会ってしまったのでした。
ちなみに糸色先生のあだ名は、「桃色係長」となりました。

その後、可符香が学校の教室に行くと、担任の教師として入って来たのは先ほどの桃色係長。
先生の自己紹介の際、「糸色望」と言う名を紹介した際に、字画が最悪であるという話に。
そこで可符香からの提案。
「糸色☆望」という風にしてみては?(つのだ☆ひろ ですか!?)
では「糸色@望」にしてみては?(痛いでしょう!どう見ても!)
画数なんて日本のものですから、いっそ横書きにしてみては……(横書き……!?)

糸色望 = 絶望

可符香「絶望先生!」
絶望先生「見て知ったな!」



糸色望
さよなら絶望先生 第1集 (1) さよなら絶望先生 第1集 (1)
久米田 康治 (2005/09/16)
講談社

この商品の詳細を見る




「学校と言えば、温泉よねぇ」
そんな電波すぎる世間話をする可符香と千里。
危ない映像は全部隠してありますよ?
ちなみに物語の重要人物として認められたのか、千里ちゃんのエピソードが一足早く挿入されておりました。

さて、一方絶望先生は社会人野球に興じてみることにし、東北の野球球団を応援することに。
しかし……
絶望「『毛』にしか見えないんですよ!あのマーク!」
新井「アレはイーグルスの『E』に羽根が生えたデザインかと……」
絶望「山下元ヘッドコーチがあの帽子を被っていると、切なくて切なくて……」
新井「毛を被っているから?」
……まさか、アニメでここまでやるとは思いませんでした……。
大丈夫?



絶望教室では、進路希望調査……いえ、進路絶望調査を行う事に。
つまり、将来自分が進む道として絶望的だと思われる道を書いてもらうのです。
ところが可符香は、全ての進路に可能性はあると言い出す。
そこで絶望先生が、彼女の進路で絶望的なものは一切無いのかと尋ねると……。

第一希望/神
第二希望/未来人
第三希望/ポロロッカ星人

あぁ、電波。

風浦可符香(P.N.)



エンディングテーマ「絶世美人」(絶望少女達(風浦可符香、木津千里、木村カエレ、日塔奈美))



エンドカード/藤田和日郎



のっけから重要なキャラクターは大体登場。
てか、日塔奈美は最初は不登校なんじゃないのかな……?
小森霧は引篭もり中、木村カエレはまだ転校前、関内・マリア・太郎はまだ男の子の方。

物語の随所に小ネタがたくさん仕込まれていました。
ただ、細かくてほとんど分かりません。
出演

糸色望

風浦可符香
木津千里
常月まとい

藤吉晴美
小節あびる
日塔奈美
音無芽留
加賀愛
三珠真夜

皇帝ペンギン

コウノトリ

櫻井女史



スタッフ
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
品質評価 46 / 萌え評価 13 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 32 / シリアス評価 57 / お色気評価 20 / 総合評価 28レビュー数 252 件 第1話 さよなら絶望先生 についてのレビューです。
2007/08/23(木) 15:16:47) | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン