夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
鬼切り夜鳥子3 みちのく血煙慕情
鬼切り夜鳥子3 みちのく血煙慕情 (ファミ通文庫 ま 2-1-3) 鬼切り夜鳥子3 みちのく血煙慕情 (ファミ通文庫 ま 2-1-3)
桝田 省治 (2007/06/30)
エンターブレイン

この商品の詳細を見る
「鬼切り夜鳥子3 みちのく血煙慕情」を読了しました。
(桝田省治   イラスト/佐嶋真実)ファミ通文庫

表紙は、夜鳥子、舞。

収録内容は、
序 章 鵺を追え! 京都
第一章 出会い 蔵王
第二章 訣別 平泉~江刺~胆沢
第三章 明け烏 乳頭温泉~田沢湖
第四章 聖剣誕生 十和田湖~八甲田山
第五章 舞散る 横手~八戸~浅虫~深浦海岸
第六章 契り 岩木山~十三湊
終 章 明日に
後書き クイズとか苦労話とか後日談とか予定とか……

駒子やQの時代から八百年ほど遡った時代。
まだ、夜鳥子が日本に生きていた頃の、話である。
源氏から伝説の宝刀「鬼切」と「蜘蛛切」を奪った夜鳥子は、東北の道中で求道と言う若い僧侶と出会う。
夜鳥子は求道と手を組み、求道の旅の目的である鬼退治に加勢する。
夜鳥子の一族の者でもある舞を仲間とし、鼻の折れ曲がった猪早太に追われる。
八百年前を生きた夜鳥子の、愛の物語である。

とかいう、物語。
ストーリー的には1、2から八百年前と言うことで、作者曰く3から読み始めたほうが分かり易いらしい。

相変わらずのエログロで表現も生々しかったが、物語は良かった。
夜鳥子の最期も、感動的に作られていて良かった。
全体的にあいまいな感じで、色々なことを中途半端に残しつつ終わってしまったような気もするが。

最期に一点。
全体的に、早太がウザすぎる件。

源氏の宝刀「鬼切と蜘蛛切」を奪ったのは、全身に式神を宿した謎の女陰陽師、夜鳥子だった。それを義経と頼政、二つの源氏から放たれた猛者たちが追う。逃げる夜鳥子は、東北の雪深い山中で鬼退治を使命とする若い僧侶、求道に出会う。二人は、旅路の中で次第に惹かれあっていく。だが、求道もまた夜鳥子を追う者の一人だった……。
鬼才ゲームデザイナー桝田省治の人気シリーズ、微エログロ+伝奇アクション第3弾。夜鳥子と求道の出会いを描く純愛編!!

(鬼切り夜鳥子 裏表紙より)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)