夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
なつき☆フルスイング! ケツバット女、笑う夏希。
なつき☆フルスイング!―ケツバット女、笑う夏希。 なつき☆フルスイング!―ケツバット女、笑う夏希。
樹戸 英斗 (2007/02)
メディアワークス

この商品の詳細を見る
「なつき☆フルスイング! ケツバット女、笑う夏希。」を読了しました。
(樹戸英斗   イラスト/ほんだありま)電撃文庫

表紙は、鍛夏希。

収録内容は、
プロローグ
第一章 真昼に見る夢×ユメの末路
第二章 バレエ×バイオリン
第三章 ケツバット女×天使舞う空
エピローグ

肩を壊し、ピッチャーとしての将来を断たれた葉岡智紀は、野球部を辞めてくすぶっていた。
しかし壊れたはずの肩が、少しずつ調子を取り戻しているようで、智紀は再びボールが投げられるようになる事を信じていた。
そんな彼の前に現れたのは、金属バットを片手に笑う謎の女・鍛夏希だった。
人に夢を見せる存在・夢魔に憑かれているという智紀にケツバットを浴びせると、智紀が見ていた夢は完全に消え去った。
調子を取り戻していたはずの肩は、以前よりも痛みを増していて、全ては夢魔の見せていた夢に過ぎなかった……。
智紀の夢魔を退治したはずの夏希は、何故か彼に付き纏っていた。
彼女は、角のある強大な夢魔を退治するために、この日本にやって来たのだと……。

という第一章の前半戦にスポットを当てまくったあらすじ。
どのストーリーも面白かったです。
キャラクターも一人一人魅力的で、ストーリーも盛り上がりがあって良かった。
第三章は、色々と練りこまれていて良かったです。

夏希の一人称がずっと「あたし」だったのが、突如「わたし」になった点について何か?

電撃屋.com
 肩を壊し野球部を辞めてくすぶっている高校生・智紀の前に現れたのは、“夢魔砕き(アルプバスター)”と言う名の金属バットを振り回す謎の女、夏希だった。智紀は《夢》を見せて人間を惑わす存在、夢魔(アルプ)に取り憑かれているというのだ。
 夏希は智紀にケツバットをかまして夢魔を消滅させると、夢魔の潜伏率が高い少年少女達が集う場所――学校に潜入するため、智紀にまとわりつき始める。
 口を開けば下品でやかましく、人の迷惑を顧みない年齢不詳の夏希を疎ましく思いながらも、智紀は彼女と共に人々に憑いた夢魔を追うが……。
 第13回電撃小説大賞《銀賞》受賞作。

(なつき☆フルスイング!)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)