夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
半分の月がのぼる空5 long long walking under the half-moon
半分の月がのぼる空〈5〉 半分の月がのぼる空〈5〉
橋本 紡 (2005/09)
メディアワークス

この商品の詳細を見る
「半分の月がのぼる空5 long long walking under the half-moon」を読了しました。
(橋本紡   イラスト/山本ケイジ)電撃文庫

表紙は、秋庭里香。

収録内容は、
プロローグ 挑まざる勇気
第一話 五千五十円
第二話 過去へ、未来へ
第三話 半分の月の下で
エピローグ 覚えていない言葉、ふたたび

里香の手術は成功した。成功したんだ。
でも里香の病気は治るとか治らないとか、そういった類のものじゃない。
いつ来るのか分からない、それでも確実に、やってくる終わりというものはある。
これから里香と共に、短いかもしれない、長いかもしれない道のりを一緒に歩んでいく。
それは時には、僕の大きな枷となるかも知れない。
でもそういうのを全部ひっくるめて、僕は里香を守って、里香と共に歩んでいきたいと思っている。そうだ、里香からの『チボー家の人々』でのメッセージに対する、素晴らしい返事も考えたんだ。
そんな時、僕は夏目に病院から連れ出され、静岡県浜松市――かつて里香や夏目がいた場所――へと連れ出された。
一方で司とみゆきの方は、何だがギクシャクした関係が完成しており……?

っていう、明らかに「半分の月」に影響された感じの、独白。
今作も素晴らしい内容で、とても楽しめました。
幼かったはずの裕一の成長や、みゆきの嫉妬羨望、浜松市の石川さんご夫婦、素晴らしいエピソード満載。
そして全てを締め括るラストシーンも良かったです。
1~4までの全てを纏められた感じで、面白く読むことができました。
あとがきは……なんという巡り合わせか。

本来はここで完結の予定だった第5巻。
「半月」ファンの友人による奨めでは、第5巻で終わった方が良いらしい。
でも既に6巻を購入してあるため、折角なので短篇や「One day」含め、全部読もうかなぁと思います。
漫画は……読まない。

……ここ最近、一冊を一日で読破するペース。
暇潰しは偉大なり。

 穏やかな日々が、僕と里香に訪れようとしていた。葛藤や迷い、そして苦しみを乗り越えた末にようやく掴んだ、当たり前の日常。それはなによりも大切なぬくもりだった。僕たちはこれから、肩を寄せ合って生きていくんだ。
 そんなある日、僕は夏目に病院を連れ出された。向かったのは、静岡県浜松市。かつて里香が、夏目が、過ごした場所だ。そこで僕を待っていたのは――。
 ちょうどそのころ、山西の下らない陰謀により、司とみゆきは大変な事態に突入していたのだった。
 橋本紡&山本ケイジが贈る、大好評シリーズ第五弾!

(半分の月がのぼる空 表紙折り返しより)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)