夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
パズル
パズル パズル
山田 悠介 (2004/06)
角川書店

この商品の詳細を見る
「パズル」を読了しました。
(山田悠介)角川文庫

表紙は、なんか赤いパズルっぽいの。

収録内容は、
ゲームⅠ 号砲前
ゲームⅡ 前半戦
ゲームⅢ 後半戦
ゲームⅣ ロスタイム
ゲームⅤ プレイオフ
 あとがき

超有名進学校のエリートのみを選抜したクラスが、正体不明の武装集団に占拠された。
人質に取られたのは、正確最悪の担任教師。
そして彼を救うには、校舎内に隠された2,000ものピースを探し出し、ソレを使って見取り図無しにパズルを完成させなければならない。
タイムリミットは48時間。 クラスメイトは15人。
果たしてパズルは完成させられるのか!?

って、そんな感じの物語。
山田悠介先生の小説に共通する“ホラー”と“ゲーム”の内、“ゲーム”に的を絞った作品。
15人のそれぞれ少しばかり問題のあるエリート生徒たちが、最初はバラバラながらも少しずつ協力をしてパズルを作成していく過程が面白い。
ただ、登場人物が生徒15人と、一度に多く登場する為……キャラの性格などを覚えるのが大変。
私はキャラ一人一人の見取り図を作って、ソレと照らし合わせながら読み進めました。面倒でした。
結局見取り図無しで、キャラの特性を言えるのは、湯浅茂央・大高雅規・升谷健介・中村梓・丹野哲哉・飯川龍一・井桁健一くらいのもん。
個人的には飯川のキャラが好き。
武装集団の正体は少し考えれば分かってしまうが、彼らのリーダーがパズルを行った真の理由は……。

最後の最後の一文は個人的にお気に入り。295ページの左下。

角川書店
超有名進学校の、さらにエリート中のエリートだけが選りすぐられたクラスが、正体不明の武装集団に占拠された。人質とされた性格最悪な担任教師を救うには、広大な校舎の各所に隠された2,000ものピースを探し出し、パズルを完成させるしかない。タイムリミットは48時間。狂気のパズルは果たして完成するのか? 武装集団の目的とは? いま始まる究極の死のゲーム――君なら、どうする?

(パズル 裏表紙より)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)