夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
ライオンキング
昨日は授業が一・ニ時間目しかありませんでした。
そして昨日は学校の芸術鑑賞会で、

劇団四季の
ライオンキングを
観に行きました。


会場は浜松町の劇団四季春。
浜松町日曜日に行ったってー、また行くのかよー。

学校から浜松町までは各自自主行動で行けとのことだったので、
行く途中に発売日だった「スクールランブル」「さよなら絶望先生」「夏のあらし!」を買ってしまいました。
電車の中で読んでました。



お笑い芸人に「大西ライオン」と言うピン芸人がいます。
彼はライオンキングのモノマネをしており、「ライオンキングの一番最初のシーン」や「ハクナ・マタータ」や「シンバが絶望の淵から立ち直るシーン」のモノマネを観た記憶がありました。
という事で本物と見比べてみましたが……圧倒的です。
本物の方が凄いです(当たり前)。
と言うか吃驚したのは、演者の声量。どんだけぇ~。

ハクナ・マタータ。
心配無いさぁ~~!この世のことはぁ~。
ハクゥナ・マタァター!

そうだぁ、そうなんだぁぁ!

意外とギャグが豊富でした。
大西ライオン、うん……。

幼少時のシンバの演者の子が、ひたすらセリフが棒読みなのが気になった。
声を出すことに必死で、心を込められてない感じ。
子供にそこまで求めるのは酷か?



帰りのバスで、中学時代の友人と遭遇。
適当にお話をしていましたとさ。


私とその同志の小説執筆サイト・「クリア・ストレート・キー」もよろしくおねがいしまーす。



クリア・ストレート・キー
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)