夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
デスノートを観に行きました。
友人4人と一緒に『DEATH NOTE The ast name』を観に行きました。

公開してからまだ一週間前というコトで大分込み合うことが予想されたため、12時20分上映のチケットを10時10分に取りました。
前編のほうは友人3人と観に行ったのですが(今回は+1人)、その時私は生徒手帳を忘れて行ってしまいました。
(映画館に『生徒手帳』を持っていく時点で年齢不詳のアレが………)
友人の一人はちゃんと持ってきていて、もう一人はオレと同じく持ってませんでした。
しかしオレにはとっておきの切り札が………
毎日学校から家への往復手段としてバスを使用しているのでバスの定期券を持っていました。
なので一人は生徒手帳、一人は定期券でしっかり割り引いてもらいましたが、一人は情に甘えさせてもらいました。
そして今回。
私はちゃんと生徒手帳を持って行きました。
前回持ってきた人も、今回新たに加わった人も持ってきました。
………前回と今回両方忘れた人が一人………
次からはちゃんと持って来てくださいね
前回も彼は言われました。
そしてオレは何故か貯める気もないのにスタンプカードを貰いました。

で、さすがに時間が2時間弱も余っているというコトで、映画館横のゲームセンターへ暇潰しに。
そこで我々が見つけたものは………
お菓子を取るゲーム
ドーム型の機械の中にお菓子がいっぱい入って回っていて、それをクレーンですくって台に乗せて先に乗ってるお菓子を押し出して取るという………
分かり辛い? うっせ、知るか!
何故か友人の一人がそれにハマりだして、1000円近くそのお菓子につぎ込みました。
(獲得したのは大量のセコイヤチョコレート)
一方オレはというと、さすがに大量に同じモノはいらなかったので、同じタイプのゲームの『チロルチョコ』狩りを慣行。
大量にチロルチョコを手に入れました。
………意外と上手いんです。

そして適当にゲーセンで暇を潰して、いざ映画館へ。
観た映画は今一度記入。

DEATH NOTE The ast name


(映画館の内容はネタバレあり。『続きを読む』のほうに書きました)


映画上映後はヨドバシカメラに行きました。(友人の用事で)
そこにあった『血圧測定値』で血圧を測ったんですが………
MAX170!
え?
高血圧?
(多分ゲーセンで取ったお菓子を食った後だったから)

その後は駅まで戻ってマクドナルドでハンバーガー食って帰りました。



………家に帰ったら家に誰もいませんでした。
バッグの中を漁ってもカギがありませんでした。
仕方が無いので暇潰し用に持っていった『ひぐらしのく頃に 語咄し編』を読んでました。
20分くらいドアの前で読んでいるとやっと母が買い物から帰って来ました。

ああ………寒かった。



続きを読む  は、デスノートのネタバレ含です。(結構アリ)
まだ観てない人は極力見ないようにしてください。
デスノートのオープニングはキラでもLでもなく………
殺人ADでした。(ミサを殺そうとしてた人)
『一緒に天国の家族の元へ行こうよぉ』とか言いながらミサに迫ってきます。
そして突然苦しみ出す殺人AD………
死神ジェラスの手によって寿命が延長されたミサ………というオープニング。

シリアスなストーリーの中にもギャグが潜んでいて面白かったです。
中でも傑作は、L(竜崎)の被ったひょっとこのお面………
ひょっとこを被ったLが出るたびに館内はクスクス笑い。

そういえば『第2のキラ』のミサミサがさくらテレビの放送を止めようとした警察官を殺しまくってた時………
原作で殺されたのは、うきたさん(漢字分からん)だったけど映画では模木さんになってました………
とばっちり!

っていうか、今作からの登場の高田清美
原作と全然違う………
やってることヨツバ編のあの人(名前は忘れた。 火………ナントカ)じゃないですか。
しかも高田などというのは名前だけで髪長いし。

まぁ、ラストは原作とは一味違って面白かったですね。
Lを殺害し勝利を確信した月。
………月って勝利が確信すると途端に自らボロを出し始める傾向がありますね。
原作でも最後の最後で喋りすぎて負けたって言うのに………
それにしてもデスノートに名前を書かれても死なないように、予め自分の名前をデスノートに書いておくって言うのは………
(『一度デスノートに書いた内容は変更できない』ルールに則って)
並の根性じゃ出来ませんとも。
そして一人、キラを断定して満足し、自らが書いた時間に静かに死に逝くL………
てか皆心臓麻痺で死んで苦しんでるのに、自分だけ静かに眠るように死んでいくって………
ズルい!
(まぁ、普通そう書くだろうけど………)

ラストはリュークが東京上空を飛び回りながら大笑いするシーン。

………スタッフロールを見て気付いたけど、ライセンスと130Rの板尾さんが出ていたらしい。
ライセンスはたくさん名前が記述されてる中にこっそり入っていたので『キラ賛同派の一人』とか言うことも出来ますが、板尾さんは結構でかく記述されていたので………
板尾さん、どこにいたんだ?
何役だったんだ?
気付かなかっただけか?(絶対そう)

ライセンスと板尾さんの役を知ってる人がいたりしたら、教えてください。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
苦しいのは誰だって嫌だけど。
Lにしたってそうなんでしょうね。
自分の命削るなんてそれでも並みじゃあできないでしょう。
リュークは大笑いしながら空を飛んでたけど
何を思ってたんだろう?
悲しみに打ちひしがれてる人間を、あざ笑ってたのか(夜神家の人たちや海砂を)?
それとも月に変わる新しい玩具でもさがしていたのか?
海砂は、レムの事どう思ってたんだろう?
海砂にとって、月は死んだ家族以上に大切な人
になってたわけだけど。
レムの事はどう思ってたのかな?
原作の最後は衝撃的な最後だった。
でも、「月君を救えなかった」とLがそう言った
原作とは違い見放さないでいてくれた人がいたんだ。
お父さんが死なずにすんで、不幸の上塗りにならなかった事もあるんだろうけど。
みんなが月を、見放さないでいた事もあるんだと思う。
原作よりは後味がよかったのは。
2007/04/17(火) 12:44:48 | URL | byミント (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
え~、ここでこのメールマガジンを見て頂いているかた特別に 『DEATH NOTE~THE LAST NAME~』のエンディングを公開したいと思います。
2006/11/12(日) 23:32:31) | ブログアフィリエト・投資・メルマガは金のなる木!パソコン初心者がネットで日給3万円
え~、ここでこのメールマガジンを見て頂いているかた特別に 『DEATH NOTE~THE LAST NAME~』のエンディングを公開したいと思います。
2006/11/12(日) 23:42:48) | ブログアフィリエト・投資・メルマガは金のなる木!パソコン初心者がネットで日給3万円