夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
半分の月がのぼる空7 another side of the moon -- first quarter
半分の月がのぼる空〈7〉another side of the moon―first quarter (電撃文庫) 半分の月がのぼる空〈7〉another side of the moon―first quarter (電撃文庫)
橋本 紡 (2006/06)
メディアワークス

この商品の詳細を見る
「半分の月がのぼる空7 another side of the moon -- first quarter」を読了しました。
(橋本紡   イラスト/山本ケイジ)電撃文庫

表紙は、秋庭里香。

収録内容は、
雨(前編) fandango
気持ちの置き場所 find my way home
君は猫缶を食えるかい? a cat never die
金色の思い出 water
おまけショートコミック 多田吉蔵のうれしはずかし病院ライフ

秋になり遂に裕一と里香の学校にも文化祭の季節がやってくる。
そんな中、裕一は山西に連れられて『古典ロシア映画上映会』を観に行くが、それはダミータイトルで、その実体は……。
一方で里香はみゆきと共に演劇部の練習を観に行くが、里香が演劇部部長に目を付けられて……。(雨)
その他、亜希子さんの一時の物語、三人の少年の馬鹿な話、そしてまだなにも始まっていなかったころの……とっても小さな、それでも大事な話。

そんな短編四作。
「気持ちの置き場所」は、亜希子さんのちょいと切ない物語。面白かったです。
「君は猫缶を食えるかい?」は、完全にギャグ短編だろうと思っていました。
そして中間まではそうでしたが……ラストの裕一のセリフ、とっても良かったです。
「金色の思い出」……赤福……繋がった……いいのかよ、それで。
とりあえず亜希子さんの、凄く女性らしい一面を垣間見た。

多田さん、大いに復活。
いや、生き返ったとかそういうわけではなく……。

「半分の月がのぼる空」も残すところ第8巻(最終巻)のみ。
tvkではアニメも放映中。
無駄に盛り上がってきました。

クリア・ストレート・キー

電撃屋.com
 秋。里香にとって初めての文化祭――山上祭。裕一はまったくやる気がなく、だらけにだらけていた。だが、山西に無理やり引っ張られていった視聴覚室では『古典ロシア映画上映会』なるものが始まろうとしていてそれはつまり先生にバレたら停学もののいわゆるエ○ビデオ鑑賞会でそこに先生が突入してきて……。
 一方里香は、みゆきと共に演劇部の練習を見学していた。そこで部長の柿崎に、ある目的で声をかけられ――。
 書き下ろし番外編『雨 fandango』の前編に、『気持ちの置き場所』『君は猫缶を食えるかい?』『金色の思い出』の番外編三篇を加えた『半月』短編集第1弾。

(半分の月がのぼる空 表紙折り返しより)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)