夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
M-1グランプリ2007 決勝進出八組決定!
2001年/
中川家


2002年/
ますだおかだ


2003年/
フットボールアワー


2004年/
アンタッチャブル


2005年/
ブラックマヨネーズ


2006年/
チュートリアル


……数々の若手実力派漫才師を輩出してきたM-1グランプリも、遂に今年で7回目!
ラッキーセブンの7代目チャンピオンになるコンビは、一体だれなのか!?

年に一度の若手漫才師達の頂上決戦が、
今年も幕を開けた!



M-1グランプリ2007は、9月1日に一回戦の火蓋が切って落とされた!
今年の参加数は、なんと史上最多の4239組!
今年も日本の各地から若手漫才師が集い、様々なネタを披露し、ふるいに掛けられた!

11月2日、戦場は二回戦となり、ここからは昨年の準決勝進出者も参戦!
更に2回戦からはテレビ放送も開始され、より一層緊張が高まってくる!

11月17日、決勝進出への狭き門、三回戦!
ここを乗り越えることができれば、決勝進出も夢では無い!

そして12月8日、12月9日に最後の決勝への8つの椅子をかけての決戦が!!
そして、遂に!

オートバックス
M-1グランプリ2007、
決勝進出コンビ
8組が決定!!






6年連続の決勝戦!昨年の雪辱を果たす!!2度目のトップバッター、
予測不能のWボケ笑い飯(吉本興業 大阪)
西田幸治   哲夫
戦績/01・2回戦 02・3位 03・2位 04・5位 05・2位 06・4位





2年連続の決勝戦!昨年の最下位の汚名を返上なるか!?またも早めの登場・2番手、
屈辱からの脱出POISON GIRL BAND(吉本興業 東京)
阿部智則   吉田大吾
戦績/02・3回戦 03・準決勝 04・6位 05・準決勝 06・9位





ワタナベ初の決勝進出コンビ!今年は悲願の「悔しくない!」笑い飯・ポイズンが荒らした後の3番手、
奇跡の顔面ザブングル(ワタナベエンターテインメント)
加藤歩   松尾陽介
戦績/04・準決勝 05・準決勝 06・準決勝





1大会ぶりに決勝戦へと返り咲き!4番バッター、
オレ流漫才千鳥(吉本興業 大阪)
大悟   ノブ
戦績/01・2回戦 02・準決勝 03・9位 04・9位 05・6位(敗者復活) 06・準決勝





2年連続の決勝戦で優勝候補!?最も会場が温まった絶好の5番手、
ハンパねぇラストチャンストータルテンボス(吉本興業 東京)
大村朋宏   藤田憲右
戦績/01・2回戦 02・準決勝 03・準決勝 04・7位 05・準決勝 06・5位





久々の参戦でブランクも何のその!昨年はチュートリアルが引き、見事優勝した縁起の良い6番手、
帰ってきたスーパールーキーキングコング(吉本興業 東京)
梶原雄太   西野亮廣
戦績/01・7位 02・準決勝 03・準決勝 04・準決勝 05・不出場 06・不出場





アジアン・変ホ長調に次いで3組目の女性決勝進出コンビ!2007年・そしてラッキーセブンの7番手、
(デブ+ヤセ)×ブサイク=大爆笑ハリセンボン(吉本興業 東京)
箕輪はるか   近藤春菜
戦績/04・準決勝 05・3回戦 06・3回戦





麒麟が不在の今年、M-1の低音ヴォイスは君だ!?高得点記録者が多い8番手、
お笑い月見草ダイアン(吉本興業 大阪)
西澤裕介   津田篤宏
戦績/01・3回戦 02・準決勝 03・準決勝 04・準決勝 05・準決勝 06・準決勝





以上8組が今年のM-1決勝進出コンビだ!
麒麟の敗退、ザ・プラン9の棄権など、今年も波乱を呼んだ結果となった。
今年の「麒麟枠」はやはり「ダイアン」になるのだろうか?一般的になら。
昨年の話題性があった組み合わせに比べると、今年はややインパクトには欠けるが、それでも私は充分強豪が集まったと思う。
常連の笑い飯、実力派のトータルテンボス、復活のキングコング、異色のPOISONGIRLBAND、人気絶頂のハリセンボン、M-1をかき回す千鳥、インパクトのあるザブングル、そして初めての大舞台となるダイアンと。
麒麟の不在や、サンドウィッチマン・ヒカリゴケ・パンクブーブーなど好きなコンビが敗退、オードリー・ブレーメン・GAG少年楽団などあまりネタを観たことの無いコンビの敗退も残念だが、充分に楽しめるコンビが揃ったのも事実。

……そして、M-1グランプリ決勝戦に進めるイスは、まだ一つだけある!!

それこそが、ワイルドカード・敗者復活戦の枠である!
毎年毎年激戦が繰り広げられ、観る者によっては決勝戦よりも熱く燃える敗者復活戦!
過去にスピードワゴン、アンタッチャブル、麒麟、千鳥、ライセンスが勝ち取り、いずれも決勝戦で好成績を残した!
M-1の結果を、M-1の当日まで予測不能にさせる存在!
そしてその候補コンビは……!





武勇伝を封印し、正統派漫才に挑戦、今年もあともう一歩で決勝の切符を逃がした。
オリエンタルラジオ(吉本興業 東京)
中田敦彦   藤森慎吾
戦績/04・準決勝 05・準決勝 06・不出場

普段はコントだが、M-1なので漫才。初の準決勝。
ハイキングウォーキング(吉本興業 東京)
鈴木Q太郎   松田洋昌
戦績/01・2回戦 02・2回戦 03・3回戦 04・3回戦 05・3回戦 06・2回戦

ムーディ勝山、本当はコンビなんですよ?レイザーラモンみたいですね。
勝山梶(吉本興業 大阪)
勝山慎司   梶剛
戦績/06・3回戦

麒麟・オリラジ同様復活組だが、残念ながら敗退。初代敗者復活の覇者が、再び敗者復活枠を狙う。
スピードワゴン(ホリプロコム)
小沢一敬   井戸田潤
戦績/01・不出場 02・7位(敗者復活) 03・6位 04・準決勝 05・不出場 06・不出場

こちらもラララライ体操を封印しての挑戦。新しい世界は、決勝への切符を手にできるのか?
藤崎マーケット(吉本興業 大阪)
藤原時   田崎佑一
戦績/05・3回戦 06・準決勝

大阪大会には、こんな隠れた原石がたくさんあるんですよ?
NON STYLE(吉本興業 大阪)
なすなかにし(松竹芸能)
天津(吉本興業 大阪)
ヒカリゴケ(松竹芸能)

変ホ長調に続いてアマチュア旋風を巻き起こせ!
志ん茶(アマチュア)
まえだまえだ(松竹芸能)
ハム(アマチュア)※正確にはプロ
高校デビュー(アマチュア)※正確にはプロ
はだか電球(アマチュア)※正確にはプロ

東京大会、大阪に負けない実力コンビがこんなにも!
キャン×キャン(ヴィジョンファクトリー)
U字工事(アミーパーク)
パンクブーブー(吉本興業 東京)
磁石(三木プロダクション)
流れ星(浅井企画)
髭男爵(サンミュージックプロダクション)
カナリア(吉本興業 東京)

大阪大会、未来のお笑い界を担う若手は、この中にいる!
鎌鼬(吉本興業 大阪)
ギャロップ(吉本興業 大阪)
ヘッドライト(吉本興業 大阪)
モンスターエンジン(吉本興業 大阪)
大脇里村ゼミナール(吉本興業 大阪)
ゼミナールキッチン(吉本興業 大阪)
ソラシド(吉本興業 大阪)
span!(吉本興業 大阪)
GAG少年楽団(吉本興業 大阪)
スマイル(吉本興業 大阪)
プラスマイナス(吉本興業 大阪)
とろサーモン(吉本興業 大阪)
座長座長(吉本興業 大阪 新喜劇)
ザ☆健康ボーイズ(吉本興業 大阪)

東京大会、新しい笑いの可能性!?
ザ・パンチ(吉本興業 東京)
ピース(吉本興業 東京)
アームストロング(吉本興業 東京)
オードリー(ケイダッシュステージ)
超新塾(ワタナベエンターテインメント)
マシンガンズ(太田プロダクション)

局地的に注目を浴びている?即席コンビ唯一の2年連続の準決勝。
BODY(吉本興業 東京)
増谷キートン   椿鬼奴
戦績/05・3回戦 06・準決勝

実力コンビ。お笑い好きを自称するなら、このコンビたちをチェックせよ!
ジパング上陸作戦(吉本興業 東京)
ナイツ(マセキ芸能社)
天竺鼠(吉本興業 大阪)
ラフ・コントロール(吉本興業 東京)
ブレーメン(吉本興業 東京)
平成ノブシコブシ(吉本興業 東京)

私が個人的にお奨めするのは、こんなコンビですよ。
チーモンチョーチュウ(吉本興業 東京)
サンドウィッチマン(フラットファイヴ)
えんにち(吉本興業 東京)
我が家(ワタナベエンターテインメント)
三拍子(サンミュージックプロダクション)

今年のNHK新人演芸大賞演芸部門大賞受賞者。おそらく今一番波に乗れているのは……。
ジャルジャル(吉本興業 大阪)
後藤淳平   福徳秀介
戦績/03・3回戦 04・3回戦 05・3回戦 06・準決勝

2004年の決勝進出者。知名度はある。実力もある。そしてたけしのお墨付き。足りないのは……。
東京ダイナマイト(オフィス北野)
ボケ・松田大輔   ツッコミ・ハチミツ二郎
戦績/02・2回戦 03・3回戦 04・8位 05・準決勝 06・準決勝

2005年の決勝進出者。オンバト史上3組しかいない大記録を持つが……。
タイムマシーン3号(ケーアッププロモーション)
関太   山本浩司
戦績/03・準決勝 04・準決勝 05・7位 06・準決勝

2005年の女性コンビ初の決勝進出者。数々の賞を制覇し、残すは……。
アジアン(吉本興業 大阪)
馬場園梓   隅田美保
戦績/02・準決勝 03・3回戦 04・準決勝 05・8位 06・準決勝

メンバーを欠き、準決勝は辞退。敗者復活に、パワーの全てを注ぎ込む!
ザ・プラン9(吉本興業 大阪)
お~い!久馬   浅越ゴエ   鈴木つかさ   なだぎ武   ヤナギブソン
戦績/03・準決勝 04・準決勝 05・準決勝 06・7位

本人達を含め、多くの者達が「まさか」と耳を疑った。残されたイスは、たったの一つ……!
麒麟(吉本興業 大阪)
川島明   田村裕
戦績/01・5位 02・準決勝 03・8位 04・3位(敗者復活) 05・3位 06・3位





さて、敗者復活枠から勝ち上がるのは誰なのか!?
そして優勝するコンビはどのコンビなのか!?

決戦は、12月23日!


クリア・ストレート・キー

M-1
順位予想。
もちろんネタ次第・敗者復活次第ではあるが、今のところの意見。

決勝戦
1キングコング
2トータルテンボス
3笑い飯

4ハリセンボン
5(敗者復活)
6ザブングル
7ダイアン
8千鳥
9POISON GIRL BAND

最終決戦
1キングコング
2笑い飯
3トータルテンボス

やはりキングコングが優勝候補なのか?
順番を見ると、笑い飯・ポイズン・千鳥・ダイアンが若干きつそう。
笑い飯は2005年同様の結末か、4位くらいになるかと思います。
あとはキングコングと、ネタと会場の雰囲気に翻弄されなければ、トータルテンボス。
敗者復活のコンビによっては、また更に大きく変わるかも。






敗者復活枠

本命/麒麟
期待大/とろサーモン   オリエンタルラジオ   東京ダイナマイト
期待中/NON STYLE   キャン×キャン   スピードワゴン
ダークホース/サンドウィッチマン   オードリー   ヒカリゴケ

個人的にはサンドウィッチマンに期待。でも実力で言えば、2度目があるか分からないが麒麟。
東京ダイナマイトやとろサーモンにも充分チャンスはあると思う。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)