夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
空の境界(中)
空の境界 中 (2) (講談社文庫 な 71-2)空の境界 中 (2) (講談社文庫 な 71-2)
(2007/12)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
「空の境界(中)」を読了しました。
(奈須きのこ(TYPE-MOON)   イラスト/武内祟(TYPE-MOON))講談社文庫

表紙は、両儀式。

収録内容は、
4/伽藍の洞「    」
境界式
5/矛盾螺旋 Enjoh Tomoe
解説 菊地秀行

全500ページ。しかも内容は濃く難解。
……疲れたぁ。
この後は普通のライトノベルを2作・乙一1作・ライトノベル1作を挟んでから、空の境界(下)になります。
空の境界、2月までに読み終えられるか?

ですが、内容は非情に面白かったです。
下巻でどのようにまとめてくるか、非情に楽しみです。


クリア・ストレート・キー
“根源の渦”を目指す孤高の魔術師・荒耶宗蓮が張り巡らした、死そのものを体現化する太極の結界。あらゆるモノの死を視ることのできる両儀式の“直死の魔眼”は、この絶無の結界を打ち破れるのか――!? もはや伝説となった同人小説から出発し、“新伝綺”ムーブメントを打ち立てた歴史的傑作――。解説・菊地秀行

(空の境界 裏表紙より)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)