夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
みなみけ~おかわり~ 六杯目「冷めてもあったか、ウチゴハン」
みなみけ~おかわり~
六杯目「冷めてもあったか、ウチゴハン」


一度良作を観てしまうと、その後ちょっと下がっただけでも大幅にクオリティが下がったように見えてしまう。
逆に、一度底辺を見てしまえば、その後はちょっと盛り返した程度でもなんかどうでもよく認められるようになるわけだ。



そんなわけで賛否両論・みなみけ~おかわり~の六杯目。

今回のお話は雪が降って天候が若干悪い状態。
Aパート開始数秒の段階で、お隣さんフユキ登場。
う……いや、大丈夫だから。何も悪い奴じゃない。大丈夫大丈夫……。

ベランダに出てみると、外は雪で一面真っ白。
カナに強引に誘われ、三姉妹は外で雪遊びに興じることに。


雪合戦や、雪だるまを作った三姉妹は、凍えた身体をさすりながら、自宅へ。
そして三姉妹揃って、お風呂。
復活の、サービスカット。



しかしその後、豪雪のためか停電になってしまい、三姉妹は極寒状態に。
カナは風呂に入って身体を温めてくると言うが、風呂はすっかり冷めてしまっており冷水。
カナ。いくらお前がバカ野郎だからって、手を入れて確かめる程度のこともしなかったのか?



ハルカ「そういえばお隣のフユキくん、一人で大丈夫かしら?」

たぶん大丈夫。だってしっかり者だから。だからハルカ姉さま、わざわざ行かなくても大丈夫だと思いま……。
しかし三姉妹揃ってお隣フユキくんのおうちへ。

フユキ宅のドアを(カナ→チアキが)連打しつづけると、やっとフユキ登場。

ハルカがフユキくんもみなみけに来ないか、と誘うが、フユキは丁重にお断り。
それを何故かチアキが説得開始。

チアキ「本当は来たいなら、来ればいいだろ」

しかしフユキくん、どうしてチアキの前でだけ訛り全開なんだろうね。
そしてそれを誰もツッコまないのも、どうかと。

その後チアキとフユキのケンカ(雪合戦)のちハルカ&カナとの対抗戦へと発展。

雪遊びを終えた四人は、毛布に包まって四人仲良く寄り添って就寝。
チアキ・ハルカ・フユキ・カナ、のハーレム状態で。
調子に乗るなよ、フユキ。



そして朝起きると、フユキの姿は既に無く、フユキは外で雪かき。
これはつまり、フユキは朝になると同時に毛布を出て、みなみけの玄関を鍵も閉めないという無用心な状態にしたまま家を出たという、こういうことかな?



今回の出演キャラは、みなみけ三姉妹及びフユキのみ。
完全に主人公キャラ各に昇格する勢いのフユキだが、その席は本来トウマの位置だからな?
そこを覚えておけ!


ちなみにオチはチアキの「そういうやつなんだな、お前は」という言葉。

完全にコメディストーリーのオチではなく、シリアス系(?)ストーリーの締め。
あくまで本質はほのぼのコメディでお願いします。



まぁ、前回前々回に比べてなら、そこそこ良質。個人的に好きなストーリーじゃないけど。
評価は80点くらい。


次回、みなみけ~おかわり~ 七杯目「噛めば噛むほど甘くなるんだよ」!!!
次回こそ、満足のいく展開でお願いします!



クリア・ストレート・キー
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)