夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
死神の精度
死神の精度 (文春文庫 (い70-1))死神の精度 (文春文庫 (い70-1))
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
「死神の精度」を読了しました。
(伊坂幸太郎)文春文庫

表紙は、千葉。

収録内容は、
死神の精度
死神と藤田
吹雪に死神
恋愛で死神
旅路を死神
死神対老女
解説・沼野充義

キャイ~ンが映画を紹介するテレビ番組「いまあま」で、偶然映画「死神の精度」を紹介しているのを発見。
ちょっと見て面白そうな物語だったので興味を持って購入。
(そこで映画を観に行くのではなく小説を買いに行くあたりが……いや、なんでもない)

「死神の精度」は割と簡単に先が読めてしまいました。ただ、好きなタイプの物語です。
「恋愛で死神」は今回収録作の中で一番好きな物語です。なんていうか、切ねぇ……。

全体的に見て伏線の張り方が非常に上手く、とても面白い文体で読みやすかったです。
レベルが高かったですね。一読をお勧めします。
ちょっとずれている千葉(死神)が、面白いです。

「旅路を死神」を読み終えて思ったこと。「重力ピエロ」も読まないといけねぇなぁ……。

乙一を制覇したら次は伊坂幸太郎で。
①CDショップに入りびたり②苗字が町や市の名前であり③受け答えが微妙にずれていて④素手で人に触ろうとしない――そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。解説・沼野充義

(死神の精度 裏表紙より)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)