夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
ZOO 1
ZOO〈1〉 (集英社文庫)ZOO〈1〉 (集英社文庫)
(2006/05)
乙一

商品詳細を見る
「ZOO 1」を読了しました。
(乙一)集英社文庫

収録内容は、
カザリとヨーコ
SEVEN ROOMS
SO-far そ・ふぁー
陽だまりの詩
ZOO
文庫版特別付録(対談 古屋兎丸×乙一 天才は深夜ラジオでつくられる。)



個人的には「SEVEN ROOMS」「SO-far そ・ふぁー」がお気に入り。
「SEVEN ROOMS」は個人的にはかなり良かった。哀しすぎる。失踪HOLIDAYの次くらいに好きな物語かもしれない。
「陽だまりの詩」は逆にとてもあたたかくて、ほっとする。

最後の「ZOO」は、個人的にはあまりお気に召しませんでした。
ある程度話の筋は読みながら分かっていけたしね。
何なんだこれは! 天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分かれて、ついに文庫化。双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され……(「カザリとヨーコ」)、謎の犯人に拉致監禁された姉と弟がとった脱出のための手段とは?(「SEVEN ROOMS」)など、本書「1」には映画化された5編をセレクト。文庫版特別付録として、漫画家・古屋兎丸氏との対談も収録。

(ZOO 裏表紙より)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)