夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
悪夢のエレベーター
悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫 き 21-1)悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫 き 21-1)
(2007/10)
木下 半太

商品詳細を見る
「悪夢のエレベーター」を読了しました。
(木下半太)幻冬舎文庫

表紙は、小川、その他エレベーター内に閉じ込められた人たち。

収録内容は、
プロローグ
第一章 小川の悪夢
第二章 マッキーの悪夢
第三章 三郎の悪夢
エピローグ
解説 永江朗

幻冬舎の本はちょっとなぁ……と思っていたにも関わらず、買ってました。

今作もローゼンメイデン同様、若干編集の力がアレなのがうかがえます。
作品紹介に、中盤で明らかになる情報をばらしてたらマズいでしょう。

作品のキャッチコピーは、「笑いと恐怖の密室劇でハリウッドと吉本新喜劇に殴り込み!? あなたの予想は100%裏切られる!」。
確かにコメディサスペンスと言うだけあって笑える箇所はいくつかありました。
ですがこの程度のコメディで吉本新喜劇に殴り込みに行っても、簡単に捻り潰されるかと。
WAHAHA本舗にしときなさい。

ただ、最後の展開はまったく予想の付かないものでした。
文体も読みやすかったため、本が苦手な方でもさくさく読めると思います。
個人的には第二章「マッキーの悪夢」が一番面白かったです。
後頭部の強烈な痛みで目を覚ますと、緊急停止したエレベーターに、ヤクザ、オカマ、自殺願望の女と閉じ込められていた。浮気相手の部屋から出てきたばかりなのに大ピンチ!?しかも、三人には犯罪歴があることまで発覚。精神的に追い詰められた密室で、ついに事件が起こる。意外な黒幕は誰だ? 笑いと恐怖に満ちた傑作コメディサスペンス。

(悪夢のエレベーター 裏表紙より)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)